FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 第5戦 602PTG CUP ダート5時間耐久レース 参戦

まいど!金大自動車部です!


去る11月19日に2017年 第5戦 602PTG CUP ダート5時間耐久レース に参戦してきました。

第1戦はマーチで参戦し、2度のクラッシュによりリタイア(BLOG参照)となってしまいましたが、戻ってまいりましたョ!


そして車両は、ダート耐久の最強マシンと謳われるHTスイスポ!

・・・と言いたいところだったのですが予算不足のためウイングロードです!

というのも、今回の(今回も?)参加はぼく、MZD、SKNの3人でした。
3人全員がドライバー、メカニック、カメラ係、ケータリング係です。まいったなあ。
しかも、5時間耐久÷3人=1人1時間40分!!!  たまげたなあ。



「予算ない・人手ない」という少年隊もびっくりのナイナイづくしではありましたが、勝ちを狙って戦ってまいりました。

それではことの顛末を・・・↓

IMGP5505.jpg
基本スペックは2015シーズンで戦っていたまんまです。あのナイターレース用のフォグもそのままです。
逆に言えば耐久車として完成されていたので準備は楽でした。

今回、泥が飛んできてガラスが汚れるのを防ぐため、鉄板を取り付けました。
エアコン取り付け用の金属板に見えるって?いやいやいや・・・


そしてこの鉄板が後に悲劇を生むのでした・・・


IMGP5504.jpg
今回はボロ隠しも兼ねてドアを塗っています。
青いスプレーしか近くになかったので青なのですが、かえって目立ってる気が。


IMGP5506.jpg
今回は史上最長の5時間耐久なので、スケジュールもタイトです。もう出走です。
ファーストドライバーはSKN。
前回の耐久では3番目のドライバーでしたが、ファーストドライバーとセカンドドライバーがそれぞれクラッシュしたため走れませんでした。(まじごめん)
というわけで確実に走行できる1番目に出走です。

本人は「俺には1回クラッシュできる権利がある」とかなんとか言ってましたが、ウイングロードにはロールバー無いんだよなあ・・・
ピラー太いし大丈夫だって、安心しろよ



IMGP5508.jpg
天気は雨と曇りが交互でした。雨が降る以上、コースはビチャビチャでした。
実は、ウイングロードにはウォッシャーが出ないという弱点?(←整備不良やんけ)があり、

雨 ⇒ かかった泥水がワイパー+雨で取れる

曇り ⇒ かかった泥水がワイパーだけではとりにくい

という状態でした。
つまり、非常に前が見えづらかったです。


IMGP5509.jpg
SKNは難なく50分走りきり、次は僕が出走しました。
うわあ、ぜんぜん前見えねえ・・・と僕は出走30秒後に思いました。


天気も路面も荒れていたレースだけに、赤旗もしばし振られていました。

そして、ウイングロードにもトラブルが発生し赤旗が出てしまいました。

○事の顛末○
金属板の片側が外れる ⇒ ワイパーに引っかかる ⇒ ワイパー動かない ⇒ 何も見えない ⇒ 路肩に停車(退避)

赤旗が出て他のマシンがピットインしてまもなくでしょうか(外が見えないので分からない)、奇跡的に引っ掛かりが取れ、ワイパーが動くようになりました。
そして僕もすごすごとピットインしたのでした。
ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。m(_ _)m




そして何より、今回僕が停まってしまった場所は、奇しくも第1戦で僕がスッ転んだ場所なのでした・・・




IMGP5510.jpg
赤旗でピットに整列する図

IMGP5511.jpg
あめがふりつづいている


この後も引き続き僕が走っていたのですが、水温計が非常にH♥な状態になってきたため、再度ピットインとなりました。

見ると、ラジエータがコンデンサーで隠れていないわずか数ミリの部分に飛び石が当たったらしく、ラジエータから液漏れを起こしていました。
今後の動きの候補として浮かんだのは以下の5つです。
①:ラジエータ交換
②:ラジエータ修理
③:漏れ止め添加
④:空冷エンジンにする
⑤:リタイア

申し訳ないが⑤はNG、次に④もNG・・・。
①か③の場合は物資の調達に行かなければならないが、③の場合は生卵で代用できそう?
②の場合はどうやって埋めるか・・・

いろいろ議論した結果、②となりました。
で、補修方法なのですが、
割れの部位にアロンアルファ対衝撃用を流し込む ⇒ さらにタイラップをライターであぶって溶かし、同様に流し込む ⇒ 漏れが止まる!(はず)








あったまいー
P11.jpg
パワプロ11は名作



その後、修理し再出走したところ、どうもまた漏れが・・・
見ると、アロンアルファは残っているがタイラップは取れてしまったよう・・・。

そこで新☆補修方法として、
割れの部位にアロンアルファ対衝撃用をガッツリ流し込む ⇒ アルミテープを上から貼る(アロンアルファとも接着) ⇒ 漏れが止まる!(はず)








あったまいー
P11.jpg
パワプロ11は(略)



ラジエータ修理後はMZDにドライバーチェンジをし、様子を見つつ戦ってもらうことに。

水温は安定!いける・・・いけるぞ!
なお、ヒーターは効かなくなったそうです

そして
雨は昼過ぎにアラレへと変わるのでした。

IMGP5514.jpg
もう何度目かの赤旗ピットイン。
液漏れはしておりません!!やったぜ。

IMGP5516.jpg
今回はタイヤ外径を稼ぐため、185/60R15をチョイス。
併せてホイールはリム深めをチョイスしました。
リムの深さはオトコの深さって、それ一番言われてますからね
リバースリムですがもちろんチューブ入りです!!!


IMGP5517.jpg
MZDとちょっと話したのですが、「まじ寒い」とのこと。
やっぱりヒーターはいかれてしまったようです。



IMGP5518.jpg
まっしろです

IMGP5519.jpg
最終ドライバーのSKN

IMGP5520.jpg
このあとはマシン的なトラブルもなくひたすらにLAPを重ねました。


IMGP5521.jpg
そして結果は・・・

「金沢大学自動車部」 Nクラス 15位/21台


でした。チェッカーを受けた車の中ではゲベでした。
ラジエータを2回外して修理したのが悔やまれるとこですが、曲がりなりにも今回完走できたことは必ずや次に繋がるものだと思っています!

IMGP5522.jpg
最後に、使ったトラックの掃除です。
積車を運転すべく、僕とMZDは中型免許を取ったのですが、ここまで一度も積車を用意できていないのでありました。
なんてこったパンナコッタ。




と、こんな感じのレースでした。
色々アクシデントもありましたが、非常に楽しいレースでした。もう一度やりたいですねえ。
僕とMZDは春に卒業するので、学生最後のダート耐久(たぶん)でした。
この培ったノウハウを後輩たちが活かし、KUACがまたダート耐久に参戦することを願って、乾杯。








               完







P11.jpg
パワプロ11は名作
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金大車部WEB課

Author:金大車部WEB課
金沢大学自動車部です

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。