スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブいじり

最近お休みしてるOMTです
シビックが聖地沼津でドラシャトラブルがあってからずっと不調続きなので何もしてません
いろいろ見てるのですが原因もよくわからないのでなんだかなーです


で、最近はずっとリトルカブ(50cc)で遊んでました(笑)
実は免許とってすぐに兄から譲り受け現在も乗り続け愛を注いでいます
P1000530.jpg


もともとバイクはそこそこ興味あって好きだったのですが今年度に入ってからやたらとバイク熱が大きくなりました
ずっと前から言ってた自動二輪の免許取得も今年こそは達成したいです(お金・・)



そしてここからが今回の本題
カブでツーリングとか行くようになったので今までより快適に乗りたいのでそれをDIY
具体的には吸気系の改善・カウル装着・シガーソケット設置・スマホホルダー設置・リアキャリアボックス装着です


まず、吸気系ですがカブに限らずバイクは昔々に排ガス規制かパワー規制があったそうでそれ以降はパワーが抑えられています
で、カブの馬力が規制前は5馬力を超えていたのが規制後は4.5馬力となっています

そしてホンダさんは吸気系をデチューンすることでパワーを抑制しました(単純なデチューンではなく燃費向上も狙った?)
吸気ポートの小径化とエアクリボックスの小型化が恐らく主な変化

つまり規制前の状態を再現してやればパワーアップに繋がるはず!
ポート拡大はリスキーなのでまだ手を出しません、エアクリボックスをヤ○オクで探して落札
6302393118173.jpg
(写真は加工後のもの)

左が元々付いてたやつで右が規制前(または70cc/90cc用?)
わずかに容量が大きくなっています
また、中身のエレメントも大きくなっています

で、この買ってきたボックスにさらに穴を開けてより多くの空気を吸えるようにします
エアクリボックスからキャブに繋がるコネクティングチューブも90cc用の太いやつに交換
6302392933623.jpg

これでたくさん吸うやろ~
なんて希望は見事に打ち砕かれました

なんとノーマルよりも吸っている空気量が少ない!高回転が伸びない
原因を考えたところどうも90cc用のチューブでは太すぎて流速が上がらず結果的に吸える空気量が減ったと思われる
50ccのピストン・シリンダーの吸い込み力では限度があったわけですねぇ
大人しく50cc用のチューブに戻します
ただ、ゴムが破れていたので50cc用の新品を購入


そして実は欲を出してエアクリボックスの煙突みたいな穴を拡大しようとして失敗したのでもう1個買いましたw
どうやらわざわざヤ○オクで探さなくてもまだ新品で買えるようなので新品で購入♪


下手に穴開けすぎると入ってくる空気が乱れてよくない的なことをネットで見かけたのでもう加工無しで組むことにしました(また失敗したら嫌だし)
それでも規制後のノーマルよりは確実に良くなりました!






お次はカウルの装着
長時間バイクに乗ってると風がダイレクトに体に当たり思いのほか体力を奪われるものです
なんとかして風を防ぎたいがカブ系によくついてる真正面にデカデカと装着された透明なシールド・・。アレはダサい・・嫌だ・・

で、なんかSSタイプのバイクみたいにカウル無いかなぁと探していると・・ありました「汎用ビキニカウル」
yj55-7606b_TS.jpg
なんかカッコいいかもと思ってカブへの取り付け後のビジュアルを調べるもサンプルが少ない・・


ええいままよ!いったれ~
買いました

取り付けにあたって汎用品のため一部干渉しますのでカット
6302392704212.jpg
横の部分とあとアゴの部分が干渉しました

固定にはカウルに開いてる穴からステーを伸ばしメーター奥に穴を開けてリベット留めします
6302392886157.jpg
(これだと風を受けるとプラプラしました・・後日固定箇所を増やす予定)


とりあえず装着完了
6302391995013.jpg
う~んこれは好みが分かれるぞ(笑)
カブっぽくはないけどなんかこれはこれでアリ?





お次はシガソケ
カブで電源を取る時には大体バッテリーから直接・ヘッドライト・ウインカーリレーからとります
僕はキーオンで電源が来て欲しいのとヘッドライトから取ると暗くなりそうだったのでウインカーリレーから電源を分岐させます
このカブの場合は黒線でした
エアクリ真上くらいの配線が束になっているところからお目当ての線を探し出し電工ペンチでさくさくっとギボシ、エレクトロタップ接続
6302391567196.jpg
完成





そしてスマホホルダー
ミラーと共締めで装着できるものが2000円くらいで売ってたので購入&取り付け
カブはバーハンドルではないので大体ミラーを利用します
おそらくマルチバーみたいなものをミラーと共締めしてそれにホルダーをクランプするのがポピュラーだと思いますが
↓こんなの
0000000013792.jpg

僕の買ったやつはもともとミラーに挟み込んで取り付けるタイプだったのでおすすめです
6302392993233.jpg







最後にリアキャリアボックス
カブは大変優秀なマシンですがノーマル状態での積載能力は絶望的です
シート下に収納スペースがあるスクーターのほうが物を積めます

そこでリアキャリアボックスです、郵便屋さんとか新聞屋さんが付けていますね?アレです

まともなものを買うと高い!!
ボックスだけで4000~5000円、さらにアタッチメントも必要

アホくさ!



自作します


まず手ごろなサイズの箱をホームセンターで買います
次にステーを買います
さてモノが揃いました、なんとお値段1400円ほど

キャリアに穴を開けてステーを固定しそのステーにボックスを固定します
6302392830030.jpg

装着完了
6302393061109.jpg
後で知ったのですがこのホムセンボックス取り付けはかなり定番らしい


リトルカブのキャリアは小さいので箱がはみ出てしまい少しぐらぐらするので改良予定
とりあえずスーパーカブのリアキャリアを購入しましたので後日同様の方法で固定したいと思います
6302393178262.jpg
スーパーカブのものは長さ・横幅ともに大きく僕の買ったホムセンボックスにピッタリサイズでした(今日届いた)





ネットにはなかなか僕のやりたかった内容、知りたかったことがドンピシャでは載ってなかったので簡単にではありますが今回記事をまとめました
もしこのページが検索に引っかかり、またお役に立てれば何よりです


文責  すわわーるどのつーりすとOMT
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金大車部WEB課

Author:金大車部WEB課
金沢大学自動車部です

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。