スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シビックのエンジン載せ換え奮闘紀

こんにちは、7月ごろからシーズンオフに入っていた表です。
夏休みを利用してエンジン載せ換え作業をしていたので今回はそのことをブログに書いてみようと思います。



エンジン載せ換え作業に取り掛かった理由ですが、エンジンブローではありません!
じゃあなんで載せ換えしたの?というと
①シビックを買ったときから感じていたパワー不足
②7月ごろに発覚したウォーターポンプからの水漏れ
③もともと夏休みにクラッチ交換の作業をする予定だった

はい、シビックの場合ウォーターポンプからの水漏れを直そうとするとタイミングベルトを取らなきゃできないんですねこれが
タイベル外してまた付けるなんてエンジンがクルマに載った状態だとスペースがなさすぎてできる自信がなかったわけです。

そこで、どうせクラッチ交換する予定だったしミッション降ろすならついでにエンジンも降ろしてしまってエンジン単体の状態でタイベル外してウォーターポンプ取替えればよくね?

どうせエンジン降ろすなら今より速い可能性のあるエンジン載せたほうがお得じゃん!

という謎のひらめきをしてしまったが故です。



そんな訳で夏休み中にいろいろやってたわけですが作業内容は
・ミッション降ろし(載せ)
・クラッチ交換
・エンジン載せ換え
・バルブクリアランス調整
・ウォーターポンプ交換
・タイミングベルト交換
・ホース類交換
・フロントロアアームブッシュ交換
・リアトレーリングアームブッシュ補修
・ホーンボタン移植
・ラジエーター交換
・ヘッドライト研磨

もうフルリフレッシュかよというくらいてんこ盛りの作業内容ですね。
あちこち外してたので一時は解体屋にあるクルマみたいな外観をしておりました(笑)
廃車


夏休みに入ると同時に少しずつ進めていたわけですが、提督業を嗜んでいる僕は艦○れ夏イベントに大幅に時間をとられていました。
ちくしょう試製甲板カタパルト入手できなかった!
そんなことはどうでもよくて
まずは載せ換え先のエンジンの方から仕上げていきます
ちなみに載せ換えるエンジンは、僕が入部したときには廃車→部品取り車となっていたSBTさんのEG6に載っていたエンジンです。
ヘッドカバーを開け、バルブクリアランス調整と申し訳程度の清掃ヘッド
そしてウォーターポンプ交換とタイベル交換、張り調整
タイベル

クランクプーリーを外そうとするとシャフトごと回ってしまい回り止めステーを自作します
回り止め
ステーの材質が硬く部室のボール盤だと穴を空けるのにも一苦労です
そんな硬いステーもクランクプーリーボルトを外すトルクには耐えられずボロボロに・・

エンジン単体を仕上げるのに1週間ほどかかってしまいお盆も過ぎてしまいました
エンジンは仕上がりましたが車庫にモノが溢れていてエンジン載せ換え作業をするのに十分なスペースがなかったので9月頭の部室大掃除まで待機(仕方ないので僕は艦○れ夏イベントを必死にやっていました


大掃除も終わり(艦○れ夏イベントも終わり)片付けられ、車庫のスペースもできたのでいよいよエンジン載せ換えに着手です
ミッションを降ろしクレーンでエンジンを降ろします
エンジン降ろし
なんとこのエンジン、EFのB16Aではないか!
型式上では同じB16AでもEF、EG、EK4に載っているものの間に微妙に性能差があります
僕のシビックはEG6なのでこのエンジンは本来載っているエンジンよりも古い型で出力も若干劣ります・・



すべて降ろすとすっからかんになったエンジンルームが!
すっからかん
写真の人は自動車部員ではなく助っ人に来てくれた整備士の人、同じくEG6に乗っていますがつい先日エンジンブローしたようで彼にもエンジン載せ換え作業が待っています(笑)

作業中にラジエーター壊したり
ラジエーターもげる

ミッション持ち上げて筋肉痛になったりしましたが
エンジンもミッションも載せました
載せた

実は載せたエンジンがすんなりかからなかったのですがそれは割愛

お次はリアの足回り
トレーリングアームをバラします
トレリ外し
トレーリングアーム

EG6、DC2、EK9ではおなじみのトレーリングアームブッシュひび割れです
ブッシュひび割れ

ここのブッシュはすでに製造が終了しており社外品を入れるしかなく、圧入は自分ではできないのでお店でやってもらうしかないのですが年中金欠な僕は怪しい小細工を施し補修することにしました



それはというと
ブッシュ補修
エンジンマウント硬化剤を流し込む!
こんなことやる人はほとんどいないのでデータもなくほぼ博打だったのですがリアの頼りない挙動が解消され効果はあったかと思います
今回硬度80を選択しましたがちょっと硬すぎるので70くらいの方がよかったですね




すべての作業が終わったのが9月の最終日で夏休み丸々使いました(笑)
載せ換えたエンジンは前よりも速く、がんばった甲斐があったと思います


ちなみに細々とした不具合が続きたまに3気筒しか爆発してなかったりハンチングしたりアイドル維持できずに急にエンストしたりとまだ完全には復活していません・・・
あぁ早く走りたいなぁ・・・・


文責 ツイートがハム速に載った青EG6


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金大車部WEB課

Author:金大車部WEB課
金沢大学自動車部です

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。